<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

舞台の練習

f0113253_237534.jpg


通っているお教室の舞台が11月に行われます。今年は、スケジュールが上手く合ったので参加させて頂く事になりました(^0^)v。しかし、しかし、私には大問題があるのです。どうやら「目立つタイプ」らしいのです。これは、コールド、特に白物(ジゼルとかバヤデールの団体舞踏ですネ)には向かない…。まあでも、花のワルツなんかは大丈夫なんですが。かと言ってソロをやれる程の腕も技もナイ。例えば、ジゼルの第二幕のシーンなど、「一人だけ元気なラジオ体操がいる…」という具合になるわけです(笑)。師曰く、技術を磨いて没個性をコントロール出来るようになれ~という事なので、残り約半年、頑張りまっす!(いや、頑張るから目立っちゃう訳で、えっと…まあ、気配を消す練習…って、忍者の修行ですか?)

という訳で、一応ジゼルの団体戦(?)の練習にも参加しております。他は、何を踊るんでしょう?楽しみです。頑張れダイエット!
[PR]
by chilimama | 2007-05-24 23:30 | その他

衣装の話

実は、我が家のお隣は、バレエやミュージカルの衣装を製作されています。結婚して、引っ越してきて、ご挨拶に行ったら、廊下にずら~りと衣装がかかってました(*0*)。一旦は、ご挨拶して戻ってきて、やっぱり気になったので、もう一度伺ってみたわけなのです。丁度、衣装が戻ってきて、陰干しされていたそうな。

考えてみれば、あの日にご挨拶に行かなければ、私のバレエ生活はもっとシンプルだったように思います。人生、どこにどんな出会いがあるか、わからないものですネ!

f0113253_15261525.jpg


ということで、衣装製作のご相談があれば、お知らせくださいませ。オーダーメイドが可能です。また、子供用であれば、一部レンタルも可能です。詳細につきましては、ショップの(右上のリンクからどうぞ)「発送方法」のページにメールアドレスがございます。
[PR]
by chilimama | 2007-05-22 15:31 | その他

トウシューズは立つか?

りらさんから、面白い写真を頂きました。りらさ~ん、ありがとうございます。

これです。グリシコ2007!

f0113253_22444291.jpg

おお~、立ってます!立ってます!

以前からトウシューズは自力で立つ、という話を聞いていましたが本当に立つんですねぇ。
ちなみに、我が家にあったトウシューズは全部立ちませんでした(笑)。それにしても、職人さんの心意気を感じる写真でした♪
[PR]
by chilimama | 2007-05-14 22:48 | グリシコ

マヤII

f0113253_2312692.jpg


先日加工した、マヤII。こんな感じになりました。踵のゴム、もう少し短くしても良さそうな感じです。踵が小さくて、すぐに脱げてしまうタイプの足のなので、苦労します。トホホ。幅がやや広めだったので、土踏まずの辺りをつまんでおります。

ちなみにこちらは、まだ殆ど手を入れていないBlochのシグナチャーのBワイズです。柔らかいポアントとは言え、やはり履く前にきちんと手を入れないとこうなるんですねぇ。なんだか立ちきれない例の良い写真になってしまいました。

f0113253_23144742.jpg

土踏まずが全く付いてきておりませんです、ハイ。
[PR]
by chilimama | 2007-05-11 23:19 | グリシコ

過去に履いて見た?トウシューズ

リクエストも頂きましたので、過去に履いて見たポアントを列挙しみます♪

1.バレリーナ:EXII
  ホントに初めて履きました。残念ながらBOXが小さすぎて、トウで立つ事が
  できず、2度目のレッスンでNGが出ました。
2.バレリーナ:ジゼル
  バレリーナ製というか、国産のポアントの中では、R-classに一番近い
  形だと思います。しゃもじ型で、プラットフォームが小さいです。最初から
  甲が低いのですんなり馴染みました。しか~し、前に乗れませんでした。
3.バレリーナ:レガート
  ぐっと前に乗れて腿の付け根がすごく良く伸びるのが判り、しばらくは
  これを愛用しておりました。
4.マヤII/ワガノワ
  レガートでレッスンしていて、指のマメを潰しました。先生のアドバイスで
  よりヴァンプの深いポワントを探しはじめました。この頃より、ポワント
  ジプシーの旅に出発する事に。幸運な事に旅の入り口でこの2タイプに
  出会い、共に旅するポワントになりました。
5.R-class(アールクラス)
  Eモデル:安定して立てます。が、楽に立てるので、修行には向きません。
  (実は修行好きです)ゆえに、ここ一番で見栄え用にしてます(笑)。
  Cモデル:マヤII以上にプラットフォームが狭くて、断念しました(笑)。
6.他に試したポワント:
  ガンバ(ギャンバ)97、メルレリングトン、イノヴェーション(殆ど幅でNGになりました)

さて、トウシューズを履く上でほぼ必須アイテムのトウパッドさん達。(本当に合うシューズはトウパッドが要らないそうですが)トウシューズ履き始めの頃に、こっちもハマっていろいろ集めました。

f0113253_1575696.jpg


左から:バレリーナのウールパッド(定番ですね)、トウフロー(製造終了)、トウセイバー(トウフローの改良版)、グリシコのトウパッド、バレリーナのゴム製トウパッド、ギャンバのトウパッド(製造終了)、そして、話題のキャンデゥのつま先5本指ソックスです。
[PR]
by chilimama | 2007-05-10 15:17 | トウシューズ全般

Vozrozhdenie St. Petersburg

f0113253_21394941.jpg


先日、防炎扉でシャンクを柔らかくしたVozrozhdenie,St.Petersburgのトウシューズです。ヴァンプは浅めに見えるのですが、履いて見たら意外と深かったです。Boxが横広で安定しているので、立ち易いです。写真はXX(普通幅)なので、私は少々広いですネ♪ちょっぴりフチが余ってます。しっかりと柔らかくしたので、土踏まずのフィット感もなかなかになりました。

f0113253_21391164.jpg


ところで、このシューズの謎なのですが…VozrozhdenieもSt.Petersburgも地名なのだそうです。そして、このトウシューズは世界的にも知られていません(^^;。アメリカのサイトで古今東西のトウシューズを紹介しているところがあるのですが、そこでも謎が多いとされております。それでも、そのサイトさんのすごい調査力を駆使して判明した事は3タイプあるということ。今回入って来たのは、その中のオデット(ヴァンプ中、Box広め)というタイプのようです。輸入先の話では、Vaganovaを生産している工場で作られているそうです。

いやはや何ともトウシューズは奥が深いですネ!
[PR]
by chilimama | 2007-05-08 21:39 | Vozrozhdenie