練習用は…修行靴

普段の練習用にはグリシコのマヤIIを使っております。f0113253_1032144.jpg

このポワントは外見がワガノワと同じで、3/4シャンク。ソールがバックスキンレザーなので、滑り難いと説明されています。重さも35g軽いそうです。マヤIIを扱っているお店が少なくて、特に幅がX(一番細い)ともなると、手に入るところは全く限られてきてしまうのです。

マヤIIとワガノワ(それから日本では見かけないけど、ウラノワII)と言う靴は、一般にプラットフォーム(先の平らな部分、通称ブタ鼻)がとても狭いため、上級者向きとも言われています。時々初心者向けと言う表記もお見受けしますが(笑)。ブタ鼻が小さいとアテール(踵を床に付けて、普通に立っている状態)も美しく、大抵のお店で表記されている通り、トウで立った時の美しさは本当に素晴らしいと思います。

とまあ、こんな靴ですが、ちゃっかり初心者のくせにマヤIIが気に入ってます。どちらかと言えば前重心で、それ以前に愛用していたバレリーナ製のレガートと同じくらい前に乗れるし、先生から指導される正しい位置に立てれば、素晴らしい安定感があります。ワガノワに比べると前重心でソールが硬いという感じがします。欠点としては、ポワントからアテールへの移動がちょっと大変かな?

私の足は、杓文字型で薄いタイプ。かなり踵が小さくて、指は人差し指が少々長め、外反母趾は無く全て真っ直ぐな形です。くるぶしの骨の位置はやや高め、ルルベ(爪先立ち)で踵が高い位置に上がり易いのですが、反面、アキレス腱が短くプリエが苦手です。かなり強い恵まれた足なんだそーです(なのにちっとも上手にならないのは何故???)だから、多分私の書いていることは、大半のトウシューズユーザーとはちょっと違う感想になると思われます。が、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。
[PR]
# by chilimama | 2006-11-13 08:47 | グリシコ